ホーム| アートランドとは| 東京本部クラス紹介| 絵と子育ての相談室| 全国の関連アトリエ| 出張サービス| お問合せ

子どもたちの作品ギャラリー

心理面からの指導や励ましで子どもたちは天才的な表現力を身につけていきます。
ねん土を上手に使って見事な立体作品!
(キンダークラスYくん10歳)
木工の味わい!美しいバランス感覚
(ジュニアクラスTくん14歳)
卵を背負ったカエルをフェルトと廃材で表現したカエル博士の作品
(ジュニアクラスBくん15歳)
配色センスが育ち素敵な作品が完成!
(キンダークラスTさん9歳)
色紙を切り抜いたデザイン的な切り絵の傑作
(キンダークラスIくん9歳)
イメージを形にする能力!クリスマスワールドの完成
(おやこクラスSさん11歳)
真剣に描いているうちにこの観察力とテクニック
(ジュニアクラスSくん12歳)
組み立てゲーム。設計から完成まで自力で仕上げました。
計画性が育っています。末は工学博士?
(ジュニアクラスTくん16歳)
夢のような不思議世界。具象画も抽象画も自由自在
(ジュニアクラスSくん12歳)
好きな画材を徹底的に使いこめばここまで繊細なタッチで描ける
(キンダークラスT君6歳)
ゴッホもびっくり!根気と集中力のたまもの。遠近法もマスター!
(キンダークラスHくん10歳)
ユーモラスなアイデアで自分の体より大きなロボット完成!
(キンダークラスMくん4歳)
ファンタジーの世界へようこそ
(キンダークラスS君4歳)
画面いっぱい、自信いっぱい!
自信が育つと画面いっぱいに描けるようになる
(キンダークラスOさん5歳)
粘土をこねるだけでアートだ!
(ぷちクラスEくん2歳)
なんと美しい日本の形。アトリエ暦10年!
続けることで人並み以上のセンスと表現力が育つ
(ジュニアクラスKくん14歳)
アトリエ体験見学受付中!年齢や曜日でクラスを選択

会員からの反響

養育者の皆さまからの声

Kさん(5歳男児のご家族。神奈川県在住)

絵を描いていてもなかなか形にならず、教えなくても大丈夫なのかな?と不安だったんです。ところが、カウンセラーの方から「カラーカルテ」を見せてもらい、子どもの絵の発達について、色を楽しんで感覚や情緒が育つ時期と、形の認識力を養っている時期がある、といった説明を受けすごく納得しました。
安心して見ていたら、ある日、形のある絵をたくさん描くように!子どもの内から育つ成長のステップを目の当たりにして感動の日々です。

Tさん(13歳、9歳女児のご家族。東京都在住)

キンダークラスの時は月2回のペースで子どもの様子を見ながら先生にご相談できたり他のお母さまと話ができたりしたことが、子育ての助けになりました。子どもにとってアトリエの時間は安心して伸び伸びと過ごすことのできる大切な時間になっています。ジュニアクラスに上がってからは、カルテを自分で書くことで、今の自分自身を客観的に見るよい機会になっているようです。思春期を迎えている娘たちですが、今のところ問題なく過ごしているのはアトリエに通っているからかもしれません。

Sさん(6歳女児のご家族。東京都在住)

うちの子は言葉でうまく自分の気持ちを言うのが苦手です。でもアトリエでは言葉で表現できないことを工作や絵で表す事ができるようで、いつもアトリエが終わるとすっきりした顔。また、子どもの作品からカウンセラーの先生が心理状態や伸びている能力を読み解き、伝えてくれることが適確で子育てのヒントになります。半年に一度の交流会では他のお子さんの成長も知ることができ、子ども一人ひとりに成長パターンがあることも伺え、自分の子育ての安心感にもつながっています。

Sさん(9歳男児のご家族。千葉県在住)

高学年になると塾や受験など、つい親の方が周囲の情報に流されがちなんですけど、うちの子は塾に行かなくても勉強には意欲的。3歳からアトリエに通って、絵を描く感覚で漢字を書いたり、工作で立体感覚や構成力も付いたみたいで算数も得意!5教科はアートランドで学んだといってもいいくらい。

Mさん(10歳男児のご家族。東京在住)

私は半年に一度の交流会を楽しみにしています。それは、私たち親も色彩セラピーを体験できるからです。自分が塗った「ぬり絵」を他のお母様やお父様方と見せ合いながらお話をしていくことで、色が感情を表すことや、同じ色でもいろいろな捉え方のあることがわかります。そして、子育て以外にも自分が抱えている問題にも気づけることが素晴らしいと思いました。今では自分の子どもの描いた絵から何となくですが気持ちを知ることができるようになったような気がします。

Aさん(10歳女児・6歳男児のご家族。兵庫県在住)

学校での生活、友達関係・・・子どもたちもストレスの多い毎日。でも粘土や絵の具をべたべたとさわって帰った日は、すごく子どもが落ち着いてびっくりします。最近、土遊びなどができる環境も少ないので、良かったみたい。アトリエでは、アートセラピーの効果も自然に体験できるようになっているんですね。

Mさん(15歳男児のご家族。東京都在住)

無口で感情を押し込めてしまうタイプの子どもでしたが、創作を通して自分の感情をうまく出せるようになったと思います。友達同士の中でちゃんと自分の意見を言えているようで毎日楽しそうに学校に通っています。アトリエに長く通わせていただいたことで「ON」「OFF」を上手に使い分けられるようになり、周りの世界と自分の世界のバランスを上手にとりながら生活できる基盤ができたのではないかと思っています。アトリエで工作ばかりでしたが、それが将来につながったのでしょうか、大学は物理学の研究がしたいと言って今は勉強も頑張っています。

アトリエOB(退会した子どもたち)の声

Mさん(13歳女児。東京都在住)

自分で何かを作ることによって達成感を得る事ができ、絵を描く事がすごく好きになりました。先生達に最近あったことや悩んでいたことを聞いてもらえたので、心がすっきりしました。

M君(15歳男児。東京都在住)

小さい頃から色々なことを教えていただきありがとうございました。アトリエで作った作品は僕の一生の宝物です。

F君(15歳男児。東京都在住)

アトリエに通っていたので友達から作品をみて「上手だね」と誉められ嬉しかったです。アトリエでは自分の才能を伸ばす事ができました。

Kさん(10歳女児。東京都在住)

アトリエでは自由に表現することの楽しさを知る事ができました。

Nさん(13歳女児。東京都在住)

アトリエに入った時は「画材の種類ってこんなにあるんだ!」と驚きましたが、とってもワクワクしました。創作している時は、次はああしよう、今度はこうしようと次々にアイデアが浮かんできて作るのが本当に楽しかったです。

Aさん(11歳女児。東京都在住)

本当に楽しかったです。学校や習い事では体験できない『自由』という時を過ごした気がします。アトリエは毎回楽しくて、創作をしているうちにいつの間にか嫌な出来事を忘れていました。学校でも図工の時間が一番好きです。

T君(19歳男子。神奈川県在住)

もしアトリエに通っていなければ、ここまで工作に力を入れることはなかったと思います。日常の生活の中で好きなことだけにトコトン没頭できる時間をつくることはなかなか難しいのですが、アトリエに通うことで出来ました。おかげで、今まで作り続けた工作を通して物理に関する興味も増し、今の進路(東京理科大学 物理学科)に落ち着いたので、アトリエでの経験は僕に大きな影響を与えてくれました。

H君(19歳男子。神奈川県在住)

アトリエは学校と違って、自分で考え思いつくままに創作できるのが楽しかった。教わると教わった部分しか残らないけど、自分でいろいろ試行錯誤できるアトリエでは、新しい考えや意見があって、引き出しがどんどん増えていく。それが応用力になって学校で難しい問題を理解する力や集中して勉強に取り組めるようになれるのだと思います。

メディア掲載

【プレジデントBaby 2013完全保存版】
 特集「0歳からの知育大百科」

(プレジデント社 2013年4月)
“おうちで英才トレーニング大図鑑”の色彩センス編でアートランドの取材記事が掲載されました。
【ニナーズ・スーペリア 2012年】
 特集「Over35で母になった私たちの豊かな子育て」

(祥伝社 2012年12月)
“潜在能力を最大限に伸ばす、色彩表現空間”。表現力だけでなく心の安定も得られ、自己肯定感も築けるアトリエとして取り上げられました。
【日経キッズプラス 1月号】
 特集「子どものココロとカラダを守る」

(日経ホーム出版 2006年1月)
“ココロとカラダが健やかになるワークショップ”にて、「子どものアトリエ・アートランド」の取材記事が掲載されました。
【リノン 1月号】
 特集「子どもの気持ちと能力を育てよう」

(ベネッセコーポレーション 2006年1月)
“絵で分かる子どものココロ”にてたくさんの事例の読み解きを中心に、「絵から子どもの心育てをしていきましょう」というメッセージを発信しています。

ページ先頭へ戻る

色彩学校
子どものアトリエ「アートランドBlogひろば」 ハート&カラーオンラインショップ